2012年09月13日

物事の本質

eotlogo.jpg
EOTは「Essence of Things」の略で
物事の本質という意味です
Essenceにはエキスという意味もあり
モノ(Things)にエキスを
服(clothing)にエキスを
更には自分に、生活に、地域に…
エキスを一滴垂らしてみる
大海の一滴かもしれない
しかしその一滴がなければ何も起こらない
じゃあその一滴を垂らしてみよう
そんな想いからEssence of Thingsは生まれました

本来はTheが付くのですが
英語のTheというのは誰もがわかる唯一のものに付くとのこと
例えば地球と言えばひとつしかないのでThe Earthと言います
では物事の本質って本当にひとつなのか?
人それぞれに考えを持っているので
ひとつではないモノもあるのかもしれないと思いました
自分は良かれと思っていることでも他人にとっては良くないことだったりします
よく聞く正義の反対は悪ではなくもうひとつの正義とか
そんな抽象的なモノは見る角度によって変わるのかもしれないと思い
敢えてTheは外してます

それでは、服の本質ってなんだろう?
その中でも誰もが一枚は持っているであろうTシャツ
Tシャツの捉え方は様々ですが
EOTとしてはTシャツは「服」であると考えています
服であるって当たり前じゃん!?
と・・・そりゃそうです 笑
でも数多くの様々なTシャツと接していくうちに違いがあることに気が付きました
「着ることを前提に考えていないものが多い」
具体的にどういうことかと言うと
グラフィックデザインのキャンバスとしてのTシャツが多いのです
グラフィックデザインさえあればTシャツでなくてもいいものが多いということです
もちろんそれを否定するつもりはありませんし
パッと見は大した差ではないと思います
ただEOTでは
グラフィックデザインがあってのTシャツではなく
まずTシャツがあってのグラフィックデザインだと捉えています
着るということが大前提にあるわけなので
Tシャツそのものの品質を大事にし
ボディはオリジナルのパターンを使用
縫製、染色、プリントを全て日本の工場で作っています
日本製のお話しはまた次回

posted by EOT at 19:32| Essence of Things | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする